病院のご紹介 | さいがた医療センター

基本理念

「良い医療を安全に、心をこめて」


基本方針

  1. 患者さんの目線に立ち、そして患者さんに満足して頂ける「患者主体の医療」の実現に努めます。
  2. 精神疾患、神経疾患、重症心身障がいそして神経難病などの政策医療実践の拠点病院として質の高い医療を提供します。
  3. 一般病床の活用による地域医療への貢献に努めます。
  4. 臨床教育および看護教育に重点を置き、「全人的医療」の実践が可能な人材育成を行います。
  5. 臨床研究を推進し、より高度な医療の発展に努めます。

沿  革

昭和18年
日本医療団により創設
昭和23年11月
厚生省に移管、開院、170床
昭和41年10月
精神病棟 100床新設
昭和42年
結核病床廃止
昭和44年04月
精神病棟 100床増床(重症老人病棟50床含む)
昭和47年06月
精神病棟 100床増床(社会復帰病棟)
昭和50年07月
特殊小児病棟 40床新設
昭和51年10月
特殊小児病棟 40床新設(計80床)
昭和52年03月
神経難病病棟 40床新設
リハビリ病棟 40床新設
昭和52年04月
付属リハビリテーション学院開校
昭和55年10月
デイケア棟新設
昭和58年11月
精神病棟50床を一般に種別変更
昭和61年04月
特殊診療棟新設
研究検査棟新設
昭和61年05月
身障デイケア棟新設
平成09年10月
臨床研究部の設立

脳機能研究を目的とした臨床研究部、同5室設置

(病理研究室、薬理研究室、生化学研究室、リハビリテーション研究室、病態生理研究室)

平成15年03月
付属リハビリテーション学院閉校
平成15年09月
一般病床50床を減少
平成16年04月
独立行政法人国立病院機構さいがた病院となる
平成17年04月
総合診療部設立
平成18年04月
医療観察法に基づく指定入院病棟開設(15床暫定病棟)
平成19年01月
医療観察法に基づく指定入院病棟開設(34床)
平成20年05月
医療観察法に基づく指定通院医療機関
平成25年10月
独立行政法人国立病院機構さいがた医療センターとなる
精神病棟50床 2棟(計100床)新設
平成28年03月
重心病棟41床 2棟(計82床)新設

病床数

410床
精神病棟                248床
脳神経内科病棟(難病・脳卒中など)    80床
重症心身障がい児(者)病床        82床

診療科目

精神科、脳神経内科、内科、小児科、整形外科、リハビリテーション科、放射線科、消化器内科、歯科

施設基準など

精神科応急入院施設、リハビリテーション施設、日本神経学会専門医教育関連施設、臨床研修指定病院

指定医療など

健康保険法指定医療機関、国民健康保険法指定医療機関、後期高齢者保険指定医療機関、労働者災害補償保険法指定医療機関、原子爆弾被爆者援護法指定医療機関、結核予防法指定医療機関、生活保護法指定医療機関、医療観察法指定入院医療機関、医療観察法指定通院医療機関、精神科応急入院指定病院、障がい者自立支援法入院施設(重症心身障がい児(者))、精神科救急輪番病院