脳神経内科のご紹介 | さいがた医療センター

 脳神経内科では、神経難病をはじめとして神経疾患全般について広く診療を行っております。
 外来は毎日行っております。脳神経内科全般の外来に加えて症状別の特殊外来(頭痛外来睡眠時無呼吸外来慢性疲労外来物忘れ外来)も行っております(物忘れ外来は精神科との共同運営です)。
 各特殊外来の特徴は、「特殊外来のご紹介」を参照していただければ幸いです。

 院長を中心とするスタッフ全員が脳神経内科全般について詳しく指導を行う体制をとっています。
入院のみならず外来診療においても、完全なバックアップ体制をとり,万全の体制で臨んでいます。
 診療録の記入方法から、実際の診療の仕方(問診・診察・画像・電気生理学的検査など)まで、1例1例を大切にすることをモットーに教育を行います。
 夏期研修(医学部5年生)の受け入れも積極的に行っております。(他大学からの大学院生を受け入れ、現在当センターの臨床研究部で院長の指導の下に神経疾患の研究を行っております。)

脳神経内科卒後臨床研修プログラムLinkIcon
さいがた医療センターは、日本神経学会関東地方会の施設会員となっております。
個人での会費は必要ありません。

 国立病院機構が中心となって行う大規模研究に参加し、厚生労働省の研究班の研究にも参加しております。
 治験研究にも積極的に参加し、国内学会のみならず、国際学会にも毎年研究発表を行っており、研究面でも重要な役割を担っております。

医師紹介

下村 登規夫 (しもむら ときお)

院長、医療安全管理室長、神経内科専門医、内科専門医、リハビリテーション医学会認定臨床医、日本臨床検査医学会専門医、医療事故評価専門医
専門:神経難病・頭痛・慢性疲労症候群
出身大学:鳥取大学医学部医学科

 さいがた医療センターは、充実したリハビリテーション、検査機器など、脳神経内科の診療には最も適した施設と言えると思います。
外来では神経難病の診療をはじめとして、頭痛外来、睡眠時無呼吸外来、慢性疲労症候群を中心とした慢性疲労外来を主に担当しております。
 さいがた医療センターの診療の基本であるわかりやすい診療体制を実現すべく症状別診療(特殊外来)の拡充に努めています。ときどきテレビにも出演することがありますので、そのときにはよろしくお願いします。




894092B7_30130405.jpg

平成29年度